数秘術とは??

本日は2回目になります。
「数秘術」は、その名の通り「数字」に
「名前」と「生年月日(これは最初から数字ですね)」を置き換えて
その意味を解くという手法になります。

「名前」をローマ字で表してから、そのアルファベットに該当する数字を出して
最後にそれらを合計して「一桁」になるまで分解・加算します。
(例外として「11」・「22」・「33」になった場合はそのまま)
ですから、人それぞれで数字が異なる事となります。

「数字」の持つ意味は沢山あって、全てが当てはまる訳ではないのですが
自分が気付かないだけで、実は「潜在意識」として持っている可能性があります。

この「意識」が数秘術のキモであり、最重要な点となります。
「意識」は「表面上の意識(自分が認識している意識)」・「自分で分からない意識(潜在意識)」が
あり、ここから「自分の性格や行動パターン」などが分かるしくみになっています。

この様にまずは「数字」にしてみて、それから占いをしていく
簡単に言えば、こんな感じでしょうか

次回は、もう少し具体的に例を上げてお話しましょう。