占い師 村神のブログ

占い師とパワーストーンの販売をしています✨ (男性です)

一般財団法人 日本能力開発推進協会
【数秘術鑑定士】
【パワーストーンセラピスト】
【タロットリーディングマスター】

数秘術とは??第5回目になります。

前回「ライフ・パス・ナンバー」と「ソウル・ナンバー」について
簡単に説明しましたが、実際その数字がどの様に生かされているか確認しましょう
私の「ライフ・パス・ナンバー」は「7」です。これは、下記のグラフの様になります。

life
「実行力・持久力・集中力」が高くなっています。これが私の「表面的な意識」です。
では、「本来の意識(潜在意識)」である「ソウル・ナンバー」の「33」のグラフを
重ねてみます。

lifesoul
「ライフ」とは全然反対方向にグラフが伸びています。
この事から、私の性格・行動は「本来の意識」とは正反対の「意識」で
性格や行動を行っていると読み取れます。
この場合は、精神的にストレスが溜まりやすく(正反対の行動をしている・考えている)
疲れやすいと思われます(自分で言うのも変ですが)
ですから、もう少し「物事に集中しすぎない・頑張りすぎない」
逆にもっと「楽観的・冒険してみる・社交性を出してみる」と
楽に生活が出来そうだと思います。(重ね重ね自分の事ながら・・・)

今日は、具体的にグラフ化して紹介してみました。
それでは、また

数秘術とは??

今日で4回目となります。
前回の「ライフ・パス・ナンバー」の他に
「ディスティニー・ナンバー」・「ソウル・ナンバー」・「パーソナリティー・ナンバー」
「バースデー・ナンバー」があるとお話しましたが
「ソウル・ナンバー」は「潜在意識」を表します。
簡単にいうと「本能的なもの」です。
例えば「二者択一」を求められたときに、スッと選んでしまう気持ちや
なんでもないのに惹かれてしまうもの等、無意識に出てしまう感情・気持ちです。

ですから「表面的な気持ち(ライフ・パス・ナンバー)」と
「潜在的な気持ち(ソウル・ナンバー」が解離している人は
精神的に疲れやすい・後で後悔する気持ちが発生し易くなる傾向があるようです。

次回は、実例を上げてお話したいと思います

数秘術とは??

今回で3回目となります。
今回は、数秘術で実際に「基となる」意味について
書いていこうと思います

数秘術で表現(分かる事)は
①「ライフ・パス・ナンバー」 → 自分の生年月日から割り出される数字。
②「ディスティニー・ナンバー」 → 自分の姓名から割り出される数字。
③「ソウル・ナンバー」 → 自分の姓名をアルファベットにして、その母音から
              割り出される数字。
④「パーソナリティー・ナンバー」 → 自分の姓名をアルファベットにして   
                   その子音から割り出される数字。
⑤「バースディー・ナンバー」 → 自分の生まれた日がナンバーになります。

以上の5つのナンバーを求めてから、総合的に判断していきます。

一番重要なのは「ライフ・パス・ナンバー」で
これが「自分の本能・資質や行動パターン」になります。

例えば他の人に
「あなたは、どんな性格??」と聞かれて直感・パッと答えられるのが
「ライフ・パス・ナンバー」で表されたものとなります。

私は「ライフ・パス・ナンバー」が「7」ですが
「7」は、探究心・洞察力・分析力・集中力・研究心・などが当てはまります。
重要な点は、この性格が「ある」わけではないということもあります。
逆に「ない:私は集中力がなくて。。」ということもあり得るのです。
簡単に言えば、「普通の人より」集中力が「ある」か「ない」かの
どちらかを表しています。(ここがちょっと難しいですね)

次回も、もう少しこの辺を書いていきたいと思います

↑このページのトップヘ